« 2006年3月5日 - 2006年3月11日 | トップページ | 2006年3月19日 - 2006年3月25日 »

2006年3月16日 (木)

WBC

ichiro 王ジャパンよ、お疲れ。

イチローよ、あの国民の態度への怒り、よくわかってるよ。

敵チームの選手よ、勝ててよかったな。

イチローの守備を妨害した国民よ、去れ。そして恥を知れ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

Swing

sg さて、今夜は音楽第2弾w

まぁ、特にこれを読んでくれている人なんていないと思いながらとりあえず書きますw

前回は音程云々について語りましたが、今回はリズムについて。

実は私、やっていた楽器がホルンという、角笛の発展型の楽器でありまして、活躍の場は主にクラシック、あとは吹奏楽でのマーチの裏拍担当・・・。

そこで、あえてスゥイングの話w。実はさっきまでSWING GIRLSを見返しておりまして・・。

普通の楽曲での拍、つまり拍子のとり方は、例えば4/4拍子なら1,2,3,4と拍が1小節にあり、その中で最も強い拍が1、次に強いのが3、で2と4になる。

この拍のとり方は、奏者がイメージとして持っていれば、自然に曲に反映されるようなもので、楽曲に指定されている強弱記号を何ら妨げることはない。

ところが、この拍子のとり方ではスゥイングすることはできない。

スゥイングってのは、そう、皆さんがグレンミラー等の曲を聞いて、何だか知らないが身体が自然と動いて気分が良くなった経験があると思うが、そう、あれがスゥイング。

その拍のとり方は、前述とは全く異なっており、4/4拍子としてとらえるなら、強い拍が2,4となる。

また、拍の感じ方も身体を上下にアップダウンみたいな・・・。う~ん、作文能力のないTyrさんにはうまく表現できないなぁ・・(´・ω・`)ショボーン

要するに、ズーチャズーチャというリズム感覚でずるくどく?演奏し、しかも楽譜の旋律をそれこそ自由奔放に変更しちゃ得るという点もある。

このSWING GIRLSを見ていただくとわかるように、前半ではこのスゥイング独特のノリについていけず、変な演奏となっているが、身体でスゥイングすることに気付き始めてから、彼女らの演奏は見違えるようにかわっていき、みなさんの知っているスゥイングジャズへと変化している。

つまりだ。聞く人の身体にあるノリを引き出すことのできる楽曲ってやつがスゥイングなんだろうな。

よくわからなくなってきたので、このへんでやめて寝る。この記述に対する批判は一切受け付けませんww(ゴメ・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年3月15日 (水)

音楽・・

onpu 自分のブログを振り返ってみると、ファイターエースのことか、パンヤゴルフのことか、車のことしか書いてないw

そこで、今夜は音楽について。といっても、語れるほどの話はもっていないのだが。

誰でも一度くらいはカラオケ等で歌を歌ったことがあると思うが、人の歌を聞いて、「キーが外れている」とか思ったことがあるだろう。

よくありがちなのが、正規の音程より歌の音程が若干低いこと。

器楽にしろ声楽(カラオケ含む)にしろ、音程を取るには「若干高め」がよい。

自分で歌っててあってると思うキーより若干↑を狙って声を出すと、聞く人には音程が決まって聞こえるらしい。

次、ハーモニー。ドミソなどの和音だ。これは、例えば3人でそれぞれド、ミ、ソの音程をピアノ等でビシッと合わせて同時発声すると、あっているような気がするが、これは×。

音程とは、ピアノのような絶対音階だけではなく、それぞれの音の間にも無数に音があり、和音とは、ひとつの音の倍音つまり、響きの音を捉え、その音を発声する。

わかりやすく言えば、ドの音の倍音がミであり、ソである。実際にはこの上の音にさらにドがあり、レがありミがあるのだ。

しかも、それはピアノのような絶対音階の音程ではなく、微妙にそのピッチが変化している。その絶対音階からの変化を捉えなければ、それはきれいな和音(ハーモニー)とはなりえない。

ドミソのハーモニーなら、ドを絶対音階のドとして、ミを絶対音階のミより低め、ソを絶対音階のソより高めに捉えることが正しいハーモニーなのである。

従って、器楽にしろ声楽にしろ、最初のチューニングで合わせたからといって、楽曲のすべてのハーモニーやコードがあっているわけではない。むしろ間違ってくること必至である。

楽曲のすべてのハーモニー、コードのそれぞれの音のセントを合わせることが大切であり、それが出来るか出来ないかが、聞く人への感動へ繋がることは間違いないのである。

以上、簡単だがTyrさんの経験から語るチューニングという観点からの音楽でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月14日 (火)

GB

SpitLFVb-Upper 今日も相変わらずFAの空を飛んでた。

まもなくバージョンアップするであろう、3.9の機体に早く慣れるため、今まで遊んでいた3.8のTC(5ヶ国対抗陣地取り)には全く参加することなく、3.9β版での空戦訓練だ。

我が47th鷲隊は、当然のことながらJP専門部隊であるが、私がこの3.9βに参戦してみると、皆GB(グレートブリデン・要するに英国)での参戦をしていた。

普段なら憎き英国(特に白いスピットファイアw)であるからして、飛んでみてレーダーに写る味方機(表示が緑色)が敵機に見えて仕方がないw

このことに注意して飛んでいたが、う~ん、使いやすいですなぁ・・・。

憎たらしい白スピには乗ることなく(というか、扱えないw)写真のスピットファイアMk.Vbを本日の愛機としたが、なかなかどうして回ってくれるやんw

この機体、7.7mmがメインみたいな感じだが、ちゃんと20mmもあり、回ることから、7.7mmでチクチクやってから20mmで、はいさよなら~みたいな戦い方ができますなw

ま、いずれの国の機体に乗っても、私のスキルがまだまだなんで、機体の評価なんぞ百年早いんだろうけどねw

とにかく、もっともっと3.9βに慣れないと、春からキツイぞ~。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2006年3月5日 - 2006年3月11日 | トップページ | 2006年3月19日 - 2006年3月25日 »